困った時に役立つアフターピル

黄体ホルモンの分泌を変化させて妊娠を防ぐアフターピル

望まない妊娠を避けるために緊急的に妊娠を防ぐアフターピル。避妊の失敗や性犯罪などでの妊娠を防ぎ、それによる人工妊娠中絶を避けるために大きな役割を担っています。
アフターピルの使用法は性交渉後なるべく早く、72時間以内に服用しなければなりません。性交渉から服用までの時間が遅くなればなるほど妊娠する確率は上がって行きます。使用法自体は薬を飲むだけの簡単さですが、使用するアフターピルによって1度の服用で済むものと、2度の服用が必要なものがあります。アフターピルを飲むことで、女性の体の中では目に見えない大きな変化が起こっています。
黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類をまとめて女性ホルモンと言います。黄体ホルモンと卵胞ホルモンが交互に優位に働くことで生理になったり妊娠したりするのですが、アフターピルには人間の身体が分泌する黄体ホルモンよりも多い量が配合されていて、服用すると女性の身体の中の黄体ホルモンの値が一気に高くなります。その後服用を止めることでホルモンの値が下がります。そのホルモンの値の落差によって子宮内膜を無理矢理に剥がし、受精卵があったとしても着床できないようにする仕組みになっています。通常の女性の身体も女性ホルモンの落差によって生理が起きるのですが、その状態を人工的に作って妊娠を避けるのがアフターピルなのです。
使用法自体はとても簡単なのですが、アフターピルの服用は女性の身体には大きな負担がかかり、嘔吐感や嘔吐、頭痛やむくみ、イライラや胸の張りなどの副作用が起こることがあります。そのため性交渉の度に使用するような避妊法ではありません。あくまで望まない妊娠を避けるための緊急的な避妊法なのです。