困った時に役立つアフターピル

アロマセラピーでアフターピルの副作用を改善する

アフターピルは、望まない妊娠を防ぐために有効な方法ですが、副作用を引き起こすことがあります。アフターピルを服用すると、体内のホルモン量が月経前や妊娠中に近くなるので、急激な変化に体が拒否反応を起こします。胃腸からホルモンが吸収されて血中での濃度が上がるので、服用後2~3時間で副作用が現れることが多いです。アフターピルの副作用には嘔吐や頭痛、吐き気が代表的です。症状を程度は個人差が大きく、アフターピルの成分は2日で体から抜けますが、副作用は数日で治る人がいる一方で、1~2週間続く人もいます。重い副作用が出る人は、アロマセラピーによる症状の緩和を利用すると良いです。アロマオイルは200~300種類ありますが、それぞれに効能があり体調を改善させられます。まずアロマセラピーでは嘔吐や吐き気に対しては、ペパーミントを用います。多年草でスペアミントとウォーターミントを交配させて作ったハーブです。ペパーミントはハッカの香りが有名です。強力な抗痙攣作用があります。よって吐き気や消化器官の痙攣を抑制することができます。ガムや歯磨き粉など香り付けに使われているので、精油がない場合もペパーミントの効果を得られます。またジンジャーもアロマセラピーでは吐き気に有効とされます。ある研究ではレグランやクロプラといった胃運動促進薬と同じ成分が含まれていることが分かっています。樹木系や柑橘系なども香りをブレンドするのが良く、濃度に注意して使います。頭痛を改善するのは、カモミールロマンです。作用が穏やかなので、初心者にも向いています。頭痛をはじめとする様々な痛みに有効で、鎮静作用に優れているので安眠効果もあります。