困った時に役立つアフターピル

アフターピルを大阪で処方してもらう方法とプラノバール

プラノバールは中用量ピルなので緊急避妊のために処方されていたのですが、中用量ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの両方ともを補充してしまうので服用した女性の半数近くが吐き気や嘔吐の副作用を起こしてしまいます。プラノバールによる緊急避妊はアフターピルによる緊急避妊よりも料金が安く設定されているのですが、プラノバールは本来は緊急避妊用の薬として認可されていないのでアフターピルを何らかの理由によって服用できない場合にのみ処方されます。アフターピルを大阪で手に入れるためには駅周辺の婦人科などを受診することが必要なのですが、大阪のような大都市の場合は救急医療を行っている病院が多いので、これらの病院を受診することでも手に入れることができます。大阪では比較的簡単に手に入れることができるアフターピルですが、田舎の場合には病院でアフターピルの処方を受けるのが難しい事情があるのでネットで個人輸入をする女性も増えています。しかし副作用や血栓症のリスクを熟知しておかないと体調を崩してしまう可能性があるので、なるべく婦人科を受診して医師からのカウンセリングなどを受けてから服用することが望ましいとされています。アフターピルは黄体ホルモンのみを補充することで女性の体を妊娠状態にするので軽い吐き気や頭痛が起きることもありますが、軽度の場合は薬を服用するなどして対処をして、なるべく嘔吐しないようにがまんをします。4時間以内に吐き出してしまうともう一度服用し直す必要があるので、その分だけ時間が経過してしまいます。アフターピルはセックス後の時間が重要な意味を持っているので、24時間以内に服用できないと避妊成功率が少しずつ低下してしまいます。