困った時に役立つアフターピル

避妊に失敗した時に使えるアフターピル

きちんと避妊していたのに失敗してしまう経験はどんな人にもあることだと思われます。
年齢や環境、事情によって子供が欲しくない場合には、失敗しても妊娠する前に回避できるアフターピルが有効です。

アフターピルは、避妊に失敗してしまった時に72時間以内に服用することで高い確率で妊娠を回避できる緊急避妊薬です。

セックス後の服用が早ければ早いほど妊娠しない確率は高くなり、服用して数日から3週間の間に出血が見られれば妊娠を回避できたことになります。

ただ、それ以前のセックスで妊娠していたり、あるいはすでに72時間以上経ってから服用した場合には、アフターピルを飲んでも妊娠している可能性が高くなります。

また、アフターピルの服用の副作用として吐き気や嘔吐などがありますが、薬を飲んでも吐いてしまうと効果がなくなってしまうので妊娠してしまうことがありますので、その際にはもう一度薬を飲む必要があります。

その場合は、あらかじめ処方してもらった婦人科でアフターピルと一緒に吐き気止めを出してもらうようにしておくようにしましょう。

アフターピルを飲んで3週間以上経っても出血が見られない場合には、妊娠している確率が高いので早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

ちなみに、たばこの喫煙習慣がある人は血栓症になるリスクが高まるので、服用期間はタバコを控えるか、完全に禁煙するようにしなければ服用できない可能性があります。

アフターピルはかなり高い確率で妊娠を回避できる薬ですが、人工的に妊娠したような状態にして妊娠しないようにするため、女性の体に負担がかかります。

「失敗したらアフターピルを使えばいい」ではなく、飽くまで緊急用なので、子供が欲しくない場合にはコンドームや低用量ピルなどで最初からきちんと避妊するように心がけましょう。

■おすすめサイト
モーニングアフターピルの医薬品リスト
エチニルエストラジオールで正しいホルモンバランスを保つ